今のうちから知って対策がベスト|社会適応障害エスケープ術

頭を抱える男性

子供にもある

子供も気をつけなくてはならない

社会問題になっている社会適応障害ですが、多くの子供にも見られています。子供の場合には学校というよりも家庭のことが原因になっていることが多いです。ニュースや新聞でも取り上げられているように、全ての家庭が幸せに感じられるものではありません。虐待や厳しい躾と色んな問題があり、多くの子供たちが助けを求めています。子供の社会適応障害の原因の多くは親からの厳しい躾です。厳しい躾には両親から、または父親か母親のどちらかからになっています。今一度、躾に関して見なおしておくことが良いでしょう。

躾を見直す

親からしてみると厳しい躾は子供のためと言いますが、子供からしてみるとそれは苦痛でしかありません。行動の制限や強要をされるとやる気が起きない、暴力的な性格になると色んなことが見られています。子供が望んでもいないのに塾や習いごとをさせていると、無断欠席や体調不良または遅刻をすることがあります。この時には怒鳴りつけることや無理やり理由を聞き出すのではなく、落ち着いて本人が話せるようになるまで待ってあげることをしておくと良いでしょう。子供の将来を考えているのであれば、若いうちから社会適応障害にしないようにしてあげることも考えなくてはいけません。

気になる症状

子供の社会適応障害の症状ですが、大人の社会適応障害とは少しだけ違ったものになっています。よくあるのが退行症状と言われているものです。退行症状では指しゃぶりやお漏らし、赤ちゃん言葉を使うといったことです。つまり、幼年期の時の行動を取るということです。小学生にもなってこういったことが見られたら、本人に気にかけてあげることです。退行症状以外だと友人と話をしなくなる、不登校や遅刻や欠席といったこと、そして学力低下があります。子供は大人とは違って、病院に行くという方法を知りません。そのため親が助けてあげなくてはなりません。子供の社会適応障害を避けるには、話し合いや本人の要望を尊重してあげるようすることです。