今のうちから知って対策がベスト|社会適応障害エスケープ術

頭を抱える男性

新社会人に知って欲しい

6月病に注意する

5月病ならぬ6月病というものがあります。こう聞くと5月病と同じように休みボケのようなものではないのかと思われることがありますが、実際にはそうではありません。6月病というのは新社会人に見られるもので、4月の研修を終えてから5月に新しい部署に配属され、それにようやく慣れてくるのが6月です。慣れてきたころに精神的な疲れとストレスが噴出するということで6月病は新社会人に見られると言われているのです。66月病は年々増加していることもあって、上の年代の人たちからはゆとり世代はこれだからと言われることがあります。しかし、専門家が言うにはこれも社会適応障害のひとつということです。

ゆとりだからで片付けない

6月病が社会適応障害であると言われていることには、精神的な疲れとストレスが噴出するということからです。ストレスには話題のパワハラやモラハラが原因になっているという統計が実際に出ています。実際に新社会人で入社して1年以内で退職したという人は6月になって部署に配属されてからが多いのです。ですが、6月病もストレスが要因であることから、できるだけ自分自身でストレス発散をしていくことが必要になってきます。ストレス発散は趣味だけでなくスポーツと色んなものがあります。やっていて楽しいと思えるものでストレスを上手に発散して、6月病や社会適応障害のリスクを回避していくことです。

症状を知っておく

もし実際に6月病になってしまった場合にはどういった症状が出るのか、ということですがこれは抑うつ状態を感じることが多いです。抑うつ状態には気持ちが沈んでやる気が出ない、不安と焦りを感じるということだけでなく、イライラや倦怠感、そして不眠や食欲不振というものがあります。これらにいくつか当てはまった場合には6月病社会適応障害を疑い、ストレス発散を行うことや精神科または心療内科に相談へ行くことが勧められています。